プランとリスク

2014.07.02 Wednesday 08:00
0
    body
    🐸LESSON5
    〜予防のプランとシステム〜

    「予防はプラン(計画)」です。🐥
    予防はなぜ大切かを考えたとき、「将来の費用が安く済むから☀️」と思うこともあるかもしれません。
    ですが、予防にも予防コスト⚡️というものがあります。
    予防コスト⚡️を上げる要因としては
    ・来院頻度
    ・残っている歯の数
    ・治療後に残っているリスク
    ・予防グッズの購入費
    ・患者の年齢(残りの人生の長さ)
    があります。
    こう考えると、予防にかかるコストというのは治療のみの人より高くなることもある。📈

    ですが、予防は大切👍なのです。誰でも病気より健康に近い方がいい。予防は生活や人生の質を上げるためのツールなのです。🌼

    予防は本来とても、個人的なものです。患者のリスクとその原因はバラバラで、個々の事情もバラエティに富んでいます。しかも、人生の経過とともに、リスクは株式市場のように変化することもある。だからその人に合ったプランを立てなければならないのです。😇

    よく予防をシステムと勘違いしていることがある。😵
    勘違いしていると、システムがプランを決めるということになってしまう。
    ですが、予防というのはプランなのです。😇
    システムは本来プランを実行、継続するためのものです。
    システムは歯科医師の考えや好み、医師の規模、来院患者数、投資金額と必要な売上、地域の特性などで選択すべきだという。

    まず、予防のプランは常に変更、修正が必要です。🌟そして、プランの変更には歯科医師の診査、診断が必要になる。そして、病変を見つけても、次に何をすべきか、という意思決定もやはり歯科医師の仕事です。⭐️このように、発症前のあらゆる局面で歯科医師の診査、診断が必要になることから、予防のシステムにも歯科医師はかかわるべきだと思います。🌚

    歯科衛生士だけのシステムは疑問だが、歯科衛生士が主体のシステムは、多くの患者を受け入れることができるというメリットがあります。
    つまり、選択の問題です。📛
    歯科医師は各自、快適と思える範囲(コンフォート・ゾーン)📍が異なります。なので、その自分にあったコンフォート・ゾーン📍でやっていくのが一番だと思います。

    さくらんぼ
    category:- | by:院長 高見澤 紳治 | - | -

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM