言葉と魔法

2013.09.18 Wednesday 00:00
0
      息子、娘にいつも伝えていることがあります。それは習い事:習い事ではなく純粋にスポーツとして私は考えているのですが。。練習でうまくいったり、失敗したり、集中してなかったり、いろんな場面があります。その時に伝える言葉です、それはみんなのためにプレーして、自分のために勝利する。ポイントはみんなのためと自分のための二つです。プレーするうえで勝負は存在し、われわれは勝敗意識がないと進歩はないように思います。とは言いつつも自分のためプレーしても結構、皆のため勝利するのも結構。その子の性格をみて伝えているのですが、、、いろいろな言葉を綴って子供と接しているわけです。

     子供に言葉には凄い力があることを伝えてます。言葉は人を楽しませたり、うれしくさせたり、心を幸せで満たすことが出来ますが、つかいかたを間違えると時に人を傷つけ、心を引き裂く力を持っているということをこどもとドライブしているときに言っています。当たり前のことですが、僕はこれを魔法とこどもたちに教えています。自分は常にまわりのみんなと行動と言葉でつながっている事を息子や娘に伝えています。 院長
      運動会、スポーツシーズンですね、ついつい言ってしまう言葉ってありますね、、、、、
    category:- | by:院長 高見澤 紳治 | - | -

    Calender
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    Selected entry
    Category
    Archives
    Recent comment
    Recent trackback
    Link
    Profile
    Search
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM